乳首オナニーをうまく成功させるには?

乳首オナニーは、特に難しいこともなく、機械なども使う必要がないので、興味があれば誰でもできるオナニーです。
「イく」感覚を得られるようになるまでにはかなりの根気と時間が必要になります。

乳首を触るだけです

初めは、乳首を触るだけです。触れるか触れないかのタッチで、優しく刺激しましょう。
指先や掌で優しく転がすように、乳首の周りも同時に刺激するようにしましょう。
ただし、焦って乳首をつねったり、激しくこすったりするのはあまりよくありません。
乳首はとても敏感な部位なので、傷ついてしまいます。
強い刺激を与えれば快感を得られるというわけではないことに注意してください。
あれば、で構いませんが、ローション等を用意すると、擦りすぎによって乳首を傷つけることは少なくなります。
男性の乳首も、刺激を受ければ膨張して、硬くなり、こりこりしてきます。
そうなれば、少しいつもと違う感覚を得ることができるでしょう。
それは、快感とはまた違う感覚ですが、しばらくは、その感覚を楽しんでみましょう。
おそらく最初は乳首だけで快感を得ることはできないと思います。
ここで、ワンポイントアドバイスです。
「イく」という感覚は、精神的な要素が大きく影響します。
ここでおすすめなのが、催眠オナニー用の音声を使用することです。

乳首オナニーに特化した催眠音声を紹介しているサイト

無料の乳首オナニーに特化した催眠音声を紹介しているサイトもあるので、そちらを使ってみてください。
これを利用しながら、乳首を刺激することで、「乳首でも快感を得られる!」と、脳に記憶させます。
次第に、音声を使わずに快感を得ることができるようになっていくでしょう。
繰り返しになりますが、乳首オナニーで快感を得られるようになるためには根気と時間が必要です。
射精を伴うペニスでのオナニーと違い、ムラムラした気持ちを納めるために行うものではなく、性的な快感を得るための手段としてのものなので、始めのうちは満足できないかもしれません。
乳首オナニーとは射精を伴うオーガズムとは違い、射精を伴わない「ドライ」オーガズムを目的としたオナニーで、いわゆる、「イく」という感覚を得るためのオナニーです。
乳首オナニーで感じることができるようになれば、これまでに感じたことがないほどの快感を得られることができます。
そして、射精の際の快感と違って、とても長く快感が続き、かつ、何度でも行うことができます。
あまりの快感に何度も何度もイッて失神してしまう人もいるそうです。
少し怖い気もしますが、体験してみたい世界ですね。
時間をかけて、根気よく、乳首開発を続けてみましょう。

乳首責めグッズ
乳首責めグッズの人気ランキングはこちら>>