乳首責めとバイブは併用してもいいの?

もちろんかまいません。ただしメインはあくまでも乳首責めです。バイブはパートナーが乳首責めで絶頂に達するための補助的役割と考えましょう。

乳首責め初心者の場合

乳首責めの快感に慣れていない初心者の場合、乳首責めで絶頂に達するのは難しく、感じるほどに膣への挿入やクリへの刺激を求め、絶頂に達することを望みます。しかし、そこで乳首だけの絶頂を強制すると気分が冷めてしまい、以後、乳首責めの反応が鈍くなるという可能性も否定できません。

したがって乳首責め初心者の場合はバイブやローターを併用して膣やクリに刺激を与えるのも効果的な方法といえます。ただし、前述したように乳首でせっかく感じているのにバイブやローターで逝ってしまったら肝心の乳首責めに対する快感が上達しません。これらのグッズを使う時は乳首責めで絶頂寸前まで追い込んでから使うことで、より高い性的興奮を引き出すことができます。

効果的な乳首責めの一例

では、バイブやローターを使った効果的な乳首責めの一例を紹介しましょう。乳首責めを受ける女性にはアイマスクで目隠しをしたり手枷などの拘束具を使って自由を奪った方が効果的ですね。U.F.O.SAなどの電動乳首責めグッズ、ニップルクランプなどの肉体系加虐グッズのどちらを使っても構いませんが、最初は乳首を優先して責めていきます。

ある程度の自由を奪われた受け手側は容赦ない乳首責めでかなり身悶えしますので、頃合いを見てローターやバイブで膣やクリを除いた全身を愛撫、これにより受け手側の期待感を高めると同時に焦らしを行います。ここまで来れば、後はほんの少し、バイブやローターで膣やクリを責めるだけで絶頂に達するでしょう。

乳首責めに欠かせない吸引ポンプ

また乳首責めに欠かせないのが吸引ポンプですが、これはクリにも応用できます。「チクビ×クリトリスサッカー」は中でも最初から乳首とクリ、両方を想定して使うための吸引ポンプなので、3個購入すれば乳首とクリの両方を一気に責めることができます。

使い方はとても簡単で、乳首やクリに先端を当て、筒状の後部にあるダイヤルを回すだけで透明な樹脂製筒の中が真空になっていく仕組みになっています。これで最初に乳首を吸引して充血させ、疼痛が起き始めた時にクリの吸引を行えば女性はその後の不安感と期待感が一緒になり、敏感になっている乳首とクリをほんの少し刺激するだけで絶頂に達することは間違いありません。ただし、クリの方が乳首より敏感なので、吸引する際は乳首よりも短く、また真空状態も弱い設定にする配慮が求められます。

乳首責めグッズ
乳首責めグッズの人気ランキングはこちら>>